財テクめも

お金を増やすために得た知識のメモです。

投資信託のクレジットカード払いでの積み立ては主流となるか

ついに、楽天証券投資信託の積み立てが楽天カードで決済できることになりました。

投信積立で楽天カード決済が可能に!2018年10月27日スタート! | 楽天証券

これにより、毎月の積み立てで1%の楽天ポイントが付きます。

 

正直、これはビッグニュースです。

上限が月5万円までですが、上限まで積み立てた場合、6000ポイント付くことになります。

投資信託の信託手数料は1%以下であるのがほとんどのため、実質、初年度の信託手数料が無料となります。

 

そもそも、クレジットカード払いでの投資信託の積み立ては、マネックス証券のセゾンカードでしかできませんでした。

そして先日、積み木証券(tsumiki証券)がエポスカードでの投信積み立てを発表しました。

tsumiki証券|エポスカードでつみたてNISA・ポイントもたまる

エポスカードでの積み立てにより、1年ごとに1%のエポスポイントが付きます。

 

しかし、ここにきて楽天証券楽天カードでの投信積み立てを発表しました。

しかも、積み木証券のサービス開始に合わせてのタイミングです。どうみても、潰しにきてますw

 

楽天は、以前もSBIがiDecoの手数料を無料化したときも、間髪いれず無料化しました。いいサービスは即取り入れ、楽天経済圏にユーザーを取り込もうとしています。

 

この楽天カードによる投信積み立てによって、また多くのユーザーが楽天に移行することでしょう。

他の証券会社は追随しないと、ユーザーを減らすことになるのではないでしょうか。

 

※ちなみに私のメイン口座はSBIですが、投信を楽天に移行するには以下の方法があります。

移管すれば、そのままの状態で楽天に引っ越しできます。しかし、SBIでは、移管の手数料に3240円かかるため、買い直した方が良さそうです。